東京オリンピックボランティアのダサいユニフォームの新旧デザイナーは誰?

東京五輪新ユニフォーム ボランティア
引用:東京の観光ボランティア、新ユニフォーム発表⇒「アレに似ている」と話題に

2020年に東京オリンピック開催が決まった!
しかしたくさんの問題が報道されている!

その問題の中の一つで、ダサいでお馴染みとなってしまったのがボランティアのユニフォームだ!こちらは旧デザインだ!

東京五輪の旧ユニフォーム

出典:東京五輪のユニフォームのデザインも変更なるか? http://falcontrend.com/archives/180

「あのダサいボランティアのユニフォームは一体誰がデザイナーなんだ?」

「韓国(朝鮮)の礼服に似ている!?なんでこうなった?!」

と疑問に思っている方も多いだろう!

 

そして、小池百合子都知事が新たに発表したユニフォームがこちらだ!

東京五輪新ユニフォーム

引用:東京の観光ボランティア、新ユニフォーム発表⇒「アレに似ている」と話題に

こちらの新デザインもあまり評判は良くない!

新旧デザインのデザイナーについて纏めてみた。

ボランティアの制服がダサい旧ユニフォームに決まった経緯

舛添前都知事が2015年に発表したボランティアの制服がかなりダサい!!!

 

デザイナーを決めるのには、若手を対象にしたコンペを行い十分な審査をおこない決定している!

コンペには条件があった!

「男女兼用で4サイズ展開のポロシャツと帽子、バッグを製作し、ポロシャツの後ろ身頃には公募で決まるボランティアチームの名前(『おもてなし東京』に決定)がプリントされることも決まっていた。

「街を歩く人と間違えられるような服ではなく、ポロシャツでありながらわかりやすくて、なおかつ正装感を出したいという都の強い要望がありました。」

この条件を満たすためにあのデザインになってしまったのか?!

 

原案はもう少しマシだったが、審査員がデザイナーにあれやこれやと細かい注文をつけ、結果としてあのデザインになってしまった可能性がある。

 

このボランティアのユニフォームは小池百合子都知事の鶴の一声で変更が決定、「躊躇なく変えていきたい」と明言!

小池都知事が名言

出典:【中継録画】リオ五輪から帰国 小池百合子都知事が定例会見 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-00000015-wordleaf-pol

「東京オリンピックのボランティアに応募しようと思ったのに、あの制服着たくないな」と感じていた人は安心しただろう!

ボランティアの旧ユニフォームは韓国の衣装に似ているの?

ボランティアのユニフォームは韓国の伝統礼服に酷似している!

正確には李氏朝鮮の王宮守衛の衣装だ!

韓国の伝統礼服に酷似

出典:ダサい韓国服みたいな東京五輪ユニフォーム、小池百合子氏「デザインを変えたい」 韓国人学校予定地も下見し、白紙撤回を改めて主張【東京都知事選・ボランティアおもてなし東京ユニホーム】

色遣いに関しては、JALのロゴの赤とANAのロゴの青から、外国人観光客に日本の玄関口を意識してもらえると考え、赤・青、そして白を使用したそうだ。

この3色にしたのがいけなかったのか。。。

 

しかし色使い一緒でもここまでデザインが似てしまうものか?

 

全体的に似ているが、特に帽子のデザインが酷似している!

朝鮮の帽子は「戦笠(せんりゅう)」というが、どう見てもそっくりだ!!!

偶然でここまで似るのは考えづらい!

 

デザイナーがパクってしまったのか。

または、政府からの何らかの圧力が加わったのだろうか。

ボランティアの新旧ユニフォームのデザイナーは誰?

ボランティアの制服の旧デザイナーは藤江珠希(ふじえたまき)さんという方で、実はこの方けっこうすごい人なんだ!

藤江珠希(ふじえたまき)

出典:東京五輪おもてなし制服がダサい?デザインをした藤江珠希さんとは? http://newsland.jp/2178

「2003年立教大学卒業後、渡英。アントワープ王立芸術アカデミーを経て、05年、セントラルセントマーティンズ美術大学ファッションプリント科に入学。在学中、アレキサンダー・マックイーンの下で研修し、 09年6月に同校を卒業。卒業時に発表したコレクションは、Dazed and Confused Digital, i-D Magazineなどのメディアに取り上げられる。」

引用元:ウィキペディア

アントワープ王立芸術アカデミーはベルギーにある超名門のファッション学校で、「世界三大ファッション学校」のひとつだ!

アントワープ王立芸術アカデミーを卒業している時点で超エリートだ!

 

その後2010年に帰国、デザイン事務所を設立し、2013年にウィメンズのオリジナルブランド「タマキ フジエ(TAMAKI FUJIE)」を発表した。

このブランドがかなり前衛的で絵画を連想させるような色使い・デザインで本当におしゃれだ!

ファッション業界の評価も高く、2020年を見据え、若手である藤江珠希を起用したことは十分に納得できる!!!

 

ここまで読んでくれた読者はみんな思っただろう。。。

「それなのに何故あのデザインになったんだ??!!」

 

なんで実力があり評価も高く前衛的なデザインを手掛けるデザイナーがあのダサいデザインをしてしまったのだろうか!?

 

藤江珠希さんは

「権利上の問題などで変更になった点もありますが、私なりにベストを尽くしてデザインさせて頂きました」

と後に語っている。

難しい多くの条件の下で、思いプレッシャーの中デザインしたのだろう。

しかし一番重要な一般世論の指示を全く得ることができず、完全に裏目になってしまった!

 

デザイン変更が決まり、藤江珠希さんのキャリアには一生消せない大きな傷となってしまった。

 

では、新しいデザイナーは誰だろう?!

新しいデザイナーはコシノヒロコさんという方だ!

この方もやはりすごい人だ!

コシノヒロコ

出典:逆境をチャンスに変える!コシノヒロコさんの思考とは?

日本を代表するファッションデザイナーで、キャリアは50年以上のベテランデザイナーだ!

3つの大学の客員教授もつとめている日本のファッション業界に精通した人物だ。

 

婦人ファッションブランド「HIROKO KOSHINO」は、世界的にも高い評価をされており、日本全国で百貨店などを中心に96店舗を展開している!

 

見た目もかなりおしゃれだ!

前衛的で東洋西洋を合わせたモダンなデザインということだ!

 

2008年には亀梨和也や倖田來未とならび、ベストジーニスト賞を受賞していたり、元プロ野球監督の星野仙一の後援会の副会長をつとめるなど、多方面で活躍している。

 

若手の藤江珠希さんからの、ベテランのコシノヒロコさんとなるわけだ!

 

しかし、評判はイマイチといったこところ。

確かにあまり新しい感じがしないデザインに見えてしまう。

はっきり言って微妙だ!

ボランティアユニフォーム新デザイン

出典:東京都 東京都観光ボランティア 新ユニフォームの決定について

東京都の公式の発表では、

新たなアイコンとキャッチフレーズである「Tokyo Tokyo」を生かし、東京の持つ「伝統」と「革新」を「市松模様」と「QRコード」で表現しました。

とのことだ!

ボランティアの旧ユニフォームの値段は?

「デザイン変更したのはいいが、あのデザインの制服に一体いくらかかってるんだ?!」

東京五輪はお金の問題も山積みだ!また無駄なお金をかけている!

 

あのダサい旧ユニフォームには総額で3015万円の費用がかかっている!

ポロシャツなど4種類あり、3735着つくられた!

デザイン料は10万円程となり、計算すると1着約8000円となる!

 

1着8000円、3735着作られ合計3015万円。。。

 

変更が決まっているので無駄な費用となってしまった!

 

ネット上では「1着25万で韓国に製作を発注している」という話が拡散したが、

これはデマだ!騙されないように!

ボランティアのユニフォームは法被がオシャレ?

ネット上で話題になっているのが、一般の方がTwitterに投稿したボランティアユニフォームの法被(はっぴ)のデザインだ!

ボランティアユニフォームの法被(はっぴ)のデザイン

見て頂ければわかるように、夏開催に相応しくいかにも涼やかで、そして日本らしい、素晴らしいデザインだ!

 

法被は職人が昔から好んで着ている日本の伝統衣装であり、外国人観光客にも必ずウケるだろう!

 

法被のデザインを見るとボランティアのユニフォームも、エンブレムのデザインやマスコットのデザインのように一般公募にし、審査するのも一般投票にすれば、世論の意見も反映され、みんなが納得するデザインになるのではないだろうか!

オリンピックボランティアに興味があるあなたに向けて英会話教室を紹介

2020年の東京オリンピックに向けて、ボランティアに興味はあるが「外国人と日常会話をする語学力には不安があるな。。」と感じているそこのあなた!

ボランティアを行うためには「流暢かつ自然」なコミュニケーションが必要だ。
そこで早い段階から英会話レッスンを受けるのをおすすめする!

おすすめの英会話教室を2つ紹介。

駅前留学のNOVA

駅前留学とNOVAうさぎで有名な『NOVA』

●特徴
全員外国人講師で、質の高いレッスンを提供
・ネイティブな講師でキレイで正しい言葉を身につける
・フリートークもできるマンツーマンレッスンもあり、上達が早い
・全国280校受講可能でどこのスクールでも留学可能
・費用は比較的リーズナブルの月謝制で入会金無し
・少人数制やマンツーマンなどレッスン形態を自由に選べる
・話す・聞く・読む・書く の4つを身につけるNOVAスコア
・英語以外にも中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語の7言語対応
・お茶の間留学でPC・タブレットでオンラインレッスンも可能

●無料体験を行っているので興味があるかたはどうぞ
・持ち物不要でお近くの校舎で無料体験
・スクールカウンセラーから現在の語学力に合わせたアドバイスをもらえる
>>『NOVA』詳細はこちらから

『hanaso』オンライン英会話

『hanaso』は場所と時間に縛られることはないオンライン英会話。
リーズナブルな価格で生の英語を聞きながら効率よく学習できる。


●特徴
・オンライン英会話部門で顧客満足度の第2位、満足度92.2%
・日常会話で使える『英会話フレーズ』を重点的に学習するので、日常会話がナチュラルに出来るようになる
・著書累計80万部『世界一わかりやすい英会話の授業』など21冊を執筆している関正生先生が英会話フレーズ・発音トレーニング監修
・実際の英会話で使えるようにするオリジナル学習方法(hanasoメソッド)

●無料体験を行っているので興味があるかたはどうぞ
・通常2回(1回25分間)の無料体験レッスンを受講でき、実際のレッスンをリアルに体験できる
・英会話フレーズ集などのレッスンスターターキット3点セットが無料でもらえる
>>『hanaso』の詳細はこちらから

コメント